快適な入れ歯(デンチャー)

入れ歯の製作

歯を失った状態で放置しておくと、前歯がすり減ったり、反対側の歯(下奥歯が抜けた場合、その対抗にある上奥歯)が下がってきたり、不具合が起こり始めます。歯を失った場所は、入れ歯などで穴埋めするしかありません。
入れ歯というと、「金属のバネが気になる」「人に見られるのが気恥ずかしい」など、心配したり、躊躇したりする声も聞かれますが、今は使う方に合わせて各種の快適な入れ歯が揃っているのでご安心ください。入れ歯を入れることが、残っている自分の歯を大切にして、延命させることにつながります。

ナチュラルデンチャー

スマートデンチャー、ノンクラスプデンチャーとも呼ばれる部分入れ歯です。残っている歯にかけるバネ(クリスプ)が金属ではなく、本来の歯ぐきに近い色の樹脂またはプラスチックを使用するので、目立たず、自然な印象を得ることができます。
強度や弾性も患者さまの患部に合わせて作ることが可能で、周囲の歯にも負担をかけることなく、機能性も高い入れ歯を快適にご使用いただけます。
治療の費用については、現状を診断の上、使い心地や見え方の要望をお伺いし、治療の選択肢などとともにご提案いたします。まずは、ご相談ください。

ナチュラルデンチャーは、比較的欠損歯が少ない方(2~5本)に適しています。
一方、総入れ歯など欠損歯が多い方は、金属床の入れ歯がおすすめです。

金属床義歯

食べ物の温度がわかる、噛める、口の中が広い総入れ歯
主に総入れ歯が必要な、欠損歯の多い方に適した快適な入れ歯です。口の中の土台となる部分は通常、厚いプラスチックで作りますが、これを0,5mm程度の薄さでフィット感のよい金属の板に置き換えてあります。そのため、口の中が広くなって話しやすくなるとともに、「食べ物の温度がわかる」「話やすくなる」などのメリットがある入れ歯です。
これを作る際には、歯があった頃の写真を参考に、歯並び、歯の向きなどを再現。セラミック製の歯がよりリアルな見た目や歯並びをもたらしてくれるほか、磨耗しにくいので長持ちします。歯ぐきもリアルな作りで、より自然に近い状態に。人に会うことや、外食を楽しめるようになったと、多くの患者さまに喜ばれています。

治療費については、現状を診断の上、治療の選択肢などとともにご説明いたします。まずは、ご相談ください。

ご自身の歯並びを再現した症例
金属床義歯

天然の歯のような歯並びを再現
自然な口もと

一般の入れ歯にしたら、顔つきが変わってしまったという患者さまに、入れ歯を入れる前の写真をご持参いただき、それを参考にした歯並びで新しく入れ歯を製作したところ、快適な入れ歯ができました。
このタイプの入れ歯では、基本的に前歯は全てセラミックなので、入れ歯だとわかりにくい自然な仕上がりです。治療費については、現状を診断の上、治療の選択肢などとともにご説明いたします。まずは、ご相談ください。

噛み合わせの入れ歯

上あごに入れた入れ歯に、咬むためのパーツを組み込みます。

下あごの入れ歯は、セラミックの歯でリアルさを演出。

入れ歯を装着している状態

快適な入れ歯

通常の入れ歯では、金属のバネが目障りだったり、人に見られて恥ずかしいなどのお悩みを持つことがあります。
当院ではそんなお悩みを解決する入れ歯をご用意しています。金属部分がなく自然に見える、よく噛める、口の中が狭くならない、噛んでも痛みが起きにくい、まさに快適な入れ歯です。この快適な入れ歯を使うことによって、残っている歯を温存しつつ、困っている部分を解決でき、ちゃんと噛める、食べられる、明るく健やかな生活を送っていただけます。

ナチュラルデンチャー

金属部分のない、部分入れ歯
入れ歯は通常、金属のバネ(クラスプ)で隣の歯に引っ掛けて安定させますが、そのバネが金属製ではないのがナチュラルデンチャーです。これは、スマートデンチャー、ノンクラスプデンチャーとも呼ばれ、目立ちにくい、自然な見た目が特徴です。バネ=クラスプには本来の歯肉に近い色味の樹脂やプラスチックを使用しているため、見た目は美しいままで、周囲の歯への負担も少ないのがメリットです。

メリット

  • 見た目は美しく、周りの歯に負担をかけない
  • 非常に薄いので、食事や会話がしやすく違和感がない
  • しっかり密着するので、食べ物カスが入れ歯の間に入りにくい
  • 柔軟性がある上に、衝撃を受けても割れにくい

デメリット

  • 歯にかけるバネ(クラスプ)が樹脂製のため徐々にゆるくなる
  • 調整がむずかしく、定期的に作り替える必要がある

ソフトデンチャー

噛んでも痛くない、フィット感良好な入れ歯
歯茎にあたる部分にソフトなシリコン素材を使用した、快適な入れ歯です。あごの骨が細かったり、直接力がかかると痛みを感じるようなケースなどに向いています。

メリット

  • 非常にやわらかい素材でできているので、噛んでも痛くない
  • 物がはさまったり、ずれたりしにくく、フィット感がいい
  • 金属床と組み合わせることで、より快適な食生活を送ることが可能

デメリット

  • やわらかい素材を使用しているため、1~2年での交換が望ましい
  • 複数の素材による入れ歯なので、修理の際にはお預かりが必要

金属床義歯

食べ物の温度がわかる、噛める、口の中が広い総入れ歯
これは、主に総入れ歯にふさわしい、快適な入れ歯です。口の中の土台となる部分は通常、厚いプラスチックで作りますが、これをフィット感のよい薄い金属の板に置き換えると、口の中が広くなって話しやすくなるとともに、食べ物の温度がわかるなどのメリットがあります。
金属床義歯を作る際には、歯があった頃の写真を参考に、セラミックの歯を用いて歯並び、歯の向きなどを再現します。歯ぐきもリアルな作りで、より自然に近い状態に。食事が楽しくなったと、多くの患者さまに喜ばれています。

メリット

  • ほとんどの症例で使用が可能
  • 保険診療の総入れ歯よりも、薄く(0.5mm)仕上げられるので違和感が少ない
  • 熱伝導性に優れた金属製なので、食べ物の温度がわかって食事がおいしい
  • 金属部分は汚れにくいので、清掃しやすく、清潔に保ちやすい
  • 金属は硬いにもかかわらず、しなやかなので効率よく噛むことが可能
  • 割れたり変形したりしにくく、残った歯や歯ぐきにやさしい
  • 保険診療の入れ歯よりも、各患者さまのオートクチュールな入れ歯の作製が可能

デメリット

  • あごの骨が痩せてくることで徐々に合わなくなる可能性があり、定期的な調整が必要
  • ほとんどのケースで修理は可能なもののお預かりが必要

スプリントデンチャー

治療により大きく歯を失い、見た目が悪くなったり、噛めなくなったりする可能性がある場合、これを防ぐために事前に製作しておく入れ歯です。もしくは、歯がない状態から歯を入れるまでの間、仮で入れておく入れ歯のことを指します。保険外診療となります。

お気軽にご予約
お問い合わせください

9:00〜13:00/14:30〜19:00 木/日/祝休診 011-824-1212

何でもお気軽にご相談ください メールお問い合わせ

24時間受け付けております WEB予約はこちら