無髄歯、失活歯のホワイトニング

神経がないことで変色した歯を内側から白くする治療法です。

神経がないため変色した歯

神経がないため変色した歯

無髄歯のホワイトニング後

無髄歯のホワイトニング後

内側から薬剤を入れてホワイトニングしますが、表面から行うホワイトニングと違い、歯そのものが変質している場合があります。内側からのホワイトニングで満足いかない場合、または効果が期待できない場合は、セラミックによる被せて治す治療をおすすめする場合があります。

無髄歯のホワイトニング(漂白)料金

1歯につき 36,750円

変色の程度により、治療の回数が変わります。通常4~5回の通院が必要になります。


apint 予約フォームへ

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
Google+