haburashi歯周病安定期(SPT期)の治療には定期的なプロフェッショナルケアが基本ですが、自宅でのセルフケアも重要です。

プロケアによって状態を整えた歯周環境を維持するために、毎日のブラッシングでしっかりプラークコントロールしましょう。

そのための歯ブラシがシステマ SP-Tです。 SPT期のケアに求められる3つの要件をもとに開発されました。

歯肉に優しい磨き心地

SPT期の患者さんのデリケートな口腔へのストレスを抑えるため、細く柔らかい独自のスーパーテーパード毛(超極細毛)を採用しています。

柔らかい毛にすることで歯肉への物理的負荷を減らしつつ、毛の本数を増やすことで、しっかりとした刷掃力を実現しています。

しっかりとした細菌の殺菌、除去

細い毛にすることで、毛先が歯周ポケット、歯間部などの狭い隙間に容易に届くので、歯肉へのストレスを減らしつつ、効率よくプラークを除去し、炎症が起こりがちな歯周病ハイリスク部位をしっかりケアできます。

コンパクトなヘッドで口腔内をマッサージ

ブラシのヘッド部分が小さく毛も短いので、口腔内で動かしやすくなっています。

持ち手もコントロール性に優れたストレートハンドルで、歯肉マッサージにも適しています。

 

定期的なプロケアと併せて、セルフケアではシステマSP-Tシリーズを使って、効果的な歯周病ケアを続けましょう。

Systema SP-T 歯ブラシ 1本 ¥432(税込)

窓口でお買い求めいただけます。

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
Google+